忍者めしとは?カロリーや痩身効果、疲労回復への影響

忍者めし』とは、「ぷっちょ」などの定番商品のほか、「裂けるグミ」などの意欲作を生み出すUHA味覚糖のグミシリーズだ。

噛めば噛むほど味が染み出す「こだわり素材の旨味」が売りのハードグミで、「梅かつお味」のほか、各種フルーツのフレーバーがある。

「ぶどう」「レモン」「コーラ」「もも」

味覚糖   旨味シゲキックス 忍者めし ぶどう味  20G×10袋
味覚糖   旨味シゲキックス忍者めし梅かつお味  20G×10袋

「忍者めし」は古のニンジャ・ピル兵糧丸などを想定しているが、史実はそれだけではない)をモチーフに、噛みごたえと旨味のケミカル反応によりオイシイだけではなくダイエット効果をも得ようという、欲張りな女子にピッタリのアイテムである。

忍者めしの「値段」「カロリーは?」

1袋(20粒入り)がおよそ100円、オンラインでの販売は10袋入りで864円~1700円(※)

カロリーは1袋20gあたり「梅かつお」フレーバーが64kcal、「ぶどう」フレーバーが67kcalだという。

すなわち一粒あたり4kcal以下であり、医師が「ダイエットに中に食べてもいいお菓子」として上げている「蒟蒻畑ゼリー」の28kcalを大きく下回るスコアを叩き出している。

1粒あたりのカロリーが極めて低い

忍者めしの「評判」「レビュー」

「ニンジャ飯」の評判として、「グミとは思えぬ硬さ」に賛否があり、そこが好みであれば概ね好意的に受け入れられるだろう。

また、含有されている「昆布エキス」「かつおぶしエキスパウダー」にはアミノ酸やグルタミン酸が含まれている可能性があり、疲労回復をサポートすると考えられるため、カラテへの好影響も期待できる。

サラリマンが頭巾をかぶる絵柄は、ケースによってはNRSを発症させるかも知れない点が気になるが、現代社会ではおおよそ無視していいレベルであると言える。

PRO「歯ごたえがあり満足度が高い」

CON「噛むと歯にくっつく」「奥歯の詰め物がとれました」

(※)管理人=サン調べ

参考URL:
医師が教えるダイエット中に食べてもいいお菓子13選と食べ方のルール
biyou-zemi.com